借り方によっては銀行以外は考えられない場合も

銀行も消費者金融もどちらもカードローン利用時には借り入れを比較検討するものですが、借り方次第では消費者金融は選択肢に入らず、銀行での借り入れで考える場合があります。代表的なものが借り換えやおまとめで、金利負担を低下させることが目的となるこれらの借り方は消費者金融ではなく、銀行での低金利カードローンを利用するのが基本となります。

 

例えば消費者金融の決して低くはない金利から借り換える場合に、同じ金利帯となる消費者金融を利用した場合はどうでしょうか。借り換えを行っても金利が変わらないのでは意味が無く、ただ無駄に手間が増えるだけです。

 

銀行であれば多くは金利が消費者金融よりも低くなり、特に大きな限度額での契約となると金利差は更に大きく開くのが一般的です。借り換え先として人気のオリックス銀行カードローンでも同様で、限度額によって決められた金利は大きな金額での契約となれば負担が軽くなるように設定されています。

 

借り換えとしても、または複数借り入れがある方はおまとめローンとしての利用もできるため、大きな金額で一本化をしたい場合にはオリックス銀行で借りるおまとめとしてのカードローンが適します。最終的な支払い総額もオリックス銀行カードローンであれば軽減できるので、毎月の返済金額だけでなく総支払額の面で見ても、借り換えやおまとめとしての利用であればオリックス銀行カードローンに注目です。